静岡県の不動産投資・管理に特化した、投資家オーナー様向け賃貸経営お助けサイト

初めての不動産管理
2016年01月11日

不動産を貸す際の貸主の修繕義務は?

写真準備中

貸主、借主の不動産を貸す際の修繕義務ですが重要事項説明書や契約書に記載されている内容に従って判断します。

基本的には入居後は短期間で消耗する備品等(電球・蛍光灯の取換、障子やふすまの張替等)は借主が費用負担し、退去時に原状回復費用としての請求もできないのが一般的です。

貸主はそれ以外の設備については基本的に修繕義務を負います。

退去時の借主負担の工事項目でハウスクリーニングがあるかと思いますが、通常借主負担と思われがちかと思いますが、こちらに関しても契約書等に特記事項として記載しておく必要があります。

現状の法律では基本借主が強い部分が多くあるので記載していなかった場合は借主が了承しなければハウスクリーニングでさえ借主に拒否をされた場合には貸主負担になってしまうケースがあります。

その他代表的な工事項目でいうと障子やふすまの張替、畳の表替えなどに関しても重要事項説明書、契約書に記載していないことにより借主に原状回復費用として請求できないことが考えられます。

契約書、重要事項説明書に明文化し、仲介会社にしっかりと説明するように伝え、契約時に貸主借主の双方でしっかりと理解・認識しておくことが退去時のトラブルリスク軽減につながると考えます。

 

 

お役に立てましたら、記事のシェア(共有)をお願いします

プロパティマネージャー

宮澤啓佑
宮澤啓佑
物件の工事一切を担当しています。 細かい修繕工事からリフォーム工事まで必要に応じた最良の工事提案をもって賃貸経営のお手伝いをさせて頂きたいと思います。 気軽にお声掛けください。 プロパティマネージャー「宮澤」に相談する

教えて!スムラボ

Fudousan Plugin Ver.1.6.7